アポロ展Ⅰ ーライト・スタッフたちの月への挑戦ー 

アポロ展メインイメージ

アポロ展メインイメージ

1957年10月4日に打ち上げられたソ連の人工衛星「スプートニク1号」が切り開いた人類の宇宙進出は、アメリカのチャレンジ精神を大いに刺激し、1960年代には、米ソの激しい宇宙開発競争・月への有人着陸競争が繰り広げられました。その結果、1969年7月20日、アメリカの宇宙船「アポロ11号」によって、ついに人類の月面着陸達成という偉業が成し遂げられました。

 1960年代は、米ソの宇宙競争を背景に、科学技術はこれまでにないほど目覚しい速さで発達した10年間でしたが、日本は高度経済成長の真っ只中にあり、国民生活は活気に満ち、夢や希望に溢れ、誰もが明るい未来の到来を疑わずエネルギッシュに活動した時代でした。

 人類が月に到達した「アポロ11号」から、今年はちょうど半世紀。
不可能と思われる事業に挑み続け、それを成し遂げた《アポロ計画》を振り返り、夢と活気に溢れた当時の人々の気持ちを呼び覚まし、加えてこれからの宇宙活動の展望について紹介することで、人類月到達目撃世代には【誇りと、再び夢】を、次代を担う青少年には、【夢と勇気とチャレンジ精神】を伝えます。

いわき市石炭・化石館では、開館35周年記念特別展として、春と秋の二期にわたり、「アポロ展」を開催します。
NASAとロシア科学アカデミーの協力の下、50年前に月面着陸を目指したアポロ計画(米)とルナ計画(ソ)で持ち帰られた貴重な本物の月の石をはじめ、貴重な資料を展示いたします。

 春季特別展「アポロ展Ⅰ -ライト・スタッフたちの月への挑戦-」
は、4月13日(土)から開催いたします。

 お楽しみに!

「アポロ展Ⅰ -ライト・スタッフたちの月への挑戦-」

 期間 2019年4月13日(土)~5月26日(日)